EDに効果のあるシアリス

NO IMAGE

シアリスの効果

シアリスはバイアグラやレビトラとは異なり、服用後に「じわじわと長時間効く」タイプのED治療薬です。

したがって、性行為におよぶ数時間前には服用するのが基本となります。シアリス服用後の効果の持続時間は、10mg錠でおよそ20時間から24時間です。20mgで30時間~36時間と長くなっています。

シアリスを服用すれば、パートナーとの性行為中でペニスが萎えてしまうことはほとんど起こりません。しかも、シアリスは食事の影響を受けにくいのです。

一般的に、800キロカロリー程度の食事であれば、問題なく効果を味わうことができます。服用前後に高カロリーの食事と過剰なアルコール摂取を避ければ、数時間後には硬さを実感できるのです。

以上のように、シアリスは即効性のあるED治療薬とな異なります。より自然体なED治療を実現すると言われています。利用者からは無理なく服用できると高い評価を受けているのです。

シアリスの特徴

シアリス服用後、20時間以上もの間にわたって硬さを持続できます。その理由は、有効成分が体内でなかなか吸収されない特徴を持っているからです。

シアリスは、タダラフィルという有効成分に含有しています。しかし、このタダラフィルは水に溶けにくい性質があります。

それによって、効果の発現が遅く、長期にわたって効果を味わうことができるのです。また、シアリスはバイアグラやレビトラに比べると穏やかに作用することから、副作用も弱いとされています。

ED治療薬は頭痛やほてり、鼻づまりといった副作用が出やすい特徴があります。ところが、性行為中のこうした副作用はあまり嬉しいものではありません。

シアリスは長い時間をかけて身体に吸収されますので、血管拡張による副作用が現れにくいとされています。

ED治療薬は中高齢者からのニーズが高いものです。高齢者でも安心して利用できるED治療薬としても、シアリスは大いに注目を集めています。